美容師になるには

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 美容師になるには
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
美容師になるには美容師への道のり

私は高校を卒業してから美容専門学校に入学しました。
美容師になるためです。
美容師になるには専門学校は二年間通う昼間生と三年間サロンで働きながら通う夜間生があります。
私は昼間生として二年間専門学校に通いました。
学校ではこれからサロンでの仕事に役立つカットやカラーなどの技術の勉強のほかに、高校と同じく科学や社会の筆記の勉強もあり、宿題なども毎日だされていました。
そして二年生の最後には美容師に必要な免許を取得するために、国家試験を受験します。
カットの実技と筆記の試験があり、それに合格して免許を取得すれば晴れてサロンで美容師として挟みを持つことができるのです。
サロンで働くことは誰でもできることなのですが、スタイリストになるにはその免許が絶対に必要なのです。
勉強は簡単ではないし、大学と違い専門学校は二年間みっちりと授業があり大変ですが、同じ夢を目指している仲間たちと一緒に充実した生活が送れます。
そしてサロンに入ったらシャンプーやカラー、パーマなどの技術を習い、お店によって違いますが、テストなどを受けると実際にお客様に入ることができます。
年月はかかりますが、これから美容師になりたい人は諦めないで頑張ってほしいと思います。
私は高校を卒業してからすぐに美容の専門学校に通って美容師免許を取り、美容院へ就職しました。
はじめに入ったサロンは本当に厳しくて失敗するとお客様の目の前でも平気で叩かれたり怒鳴られたりしていました。
残念ながらそのお店は辞めてしまったのですが、2店舗目のサロンではスタッフともお客さんとも本当にいい出会いがたくさんありました。
お店によって違うのですがそのお店は技術の1つ1つにテストがありました。
私はとても不器用で今まで一発でテストに合格したことはありません。
前に進めなくて悩んだ時もありましたが、それも厳しい先輩が影ではしっかりサポートしてくれたおかげです。
そしてアシスタント時代からでも私はたくさんのお客様に可愛がっていただきました。
アシスタントなどで髪の毛は切れなかったのにもかかわらずシャンプー指名などで私に会いにきてくれる方も大勢見えました。
そしてたくさんたくさん練習してやっとスタイリストになりました。
今はまた違うサロンにいるのですが、今でも昔のお客様が訪ねて来てくれたりします。
スタイリストになってやっと美容師になったと実感しました。
美容師になるには長い道のりがありますが、私は皆さんのおかげで美容師になることができたと思います。

CBCキャリアカレッジのTOIEC講座