美容師になるにはどうするの

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 美容師になるにはどうするの
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
美容師になるにはどうするの美容師への道のり

美容師になりたい人って結構多そうだなって思います。
私も中学生のとき、本気でなりたくて、美容師になるにはどうすればいいのか熱心に調べていました。
まず大学は四年生大学ではなく美容専門学校に行きます。
学校の先生がいってたんですが、専門学校にいくとバイトする暇もないくらい忙しいそうです。
まあ、実際どうなのかわからないですが、本気でなりたければバイトよりも熱心に勉強するべきですよね。
その分普通の大学行ってる人より早く就職できる訳ですから。
でも美容師は専門学校卒業してから美容院で就職しても最初のほうはアシスタントとか夜遅くまでカットの練習したりと大変そうですよね。
私が担当してもらってる美容師さんもまだアシスタントなのでモデルカットで安く切ってもらっています。
それと私が美容専門学校の見学に行ったときは容姿も大切だって言ってました。
やっぱりオシャレの人や綺麗な人にカットしてほしい人が多いようです。
だから専門学校に通ってる間はダイエットなど自分磨きをしてる人がたくさんいるって言っていました。
自動販売機にも飲み物1つ1つにカロリーがかいてありました。
それにシャンプーのどもあつかうので手アレをする人も多いっていってました。
とにかく美容師になるには努力が必要みたいです。
以上、私が調べた情報でした。
美容師になるには資格が必要です。
厚生労働大臣指定の美容専門学校を卒業し、国家試験に合格しなければなりません。
美容専門学校に通う期間は法改正により現在では昼間・夜間なら2年以上、通信なら3年以上になりました。
ちなみに法改正以前は昼間なら専門学校に一年間通い、その後一年間インターンとして働くことで国家試験の受験資格がもらえましたが現在は昼間でも2年以上学校に通う必要がある代わりにインターン制度がなくなりました。
以前は美容院に行くと美容師資格を持っていないインターン生がシャンプーや床掃除をしていたものですが、現在は美容院にインターン生はいません。
決められた期間専門学校に通い卒業するとようやく国家試験の受験資格ができるわけですが、国家試験は筆記試験の実技試験から構成されています。
筆記試験は美容に関する制度以外にも衛生管理や化学や物理などの問題が出題されます。
パーマ液やヘアカラーに薬品を扱うからです。
実技試験はカットやヘアセット、パーマの際のローラーを巻く技術などが試されます。
筆記試験、実技試験どちらか片方だけ合格した場合、一回に限り次回の試験で免除されます。
次回の試験で不合格になれば、その次の試験では実技試験、筆記試験両方を受けなくてはなりません。