美容師の仕事はあきらめないこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 美容師の仕事はあきらめないこと
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
美容師の仕事はあきらめないこと美容師への道のり

美容師の仕事は決して楽しいことばかりではありません。
どんな職業でもそうですがすぐに諦めてしまっては嫌な思いでしか残りません。
私は美容師になって7年目になりました。
このしごとが楽しいなと思い始めたのは本当に最近です。
美容師というのは一人前になるまでにかなりの時間がかかります。
毎日日にちが変わるまで練習をしたり、休みの日にも自分のお給料からお金を出して講習に行って勉強したりと本当にはじめのうちは自由はありませんでしたし、体を壊してしまうこともありました。
でも一度身につけてしまえば後に結婚しても女性ならば子供ができてもいつでも仕事に復活できるというメリットがあります。
そのためにははじめの3~4年は大変なこともありますが、あきらめないで続けることが大切です。
一生懸命努力すれば自分の担当するお客様が増えていったり楽しいことがたくさん待っています。
7年務めていても人間の髪質は全て違うので今でも緊張してしまいますが、それまでに寝る間も惜しんで練習してきたので、自分を信じていつもやっています。
今の若い方はすぐに辞めてしまうという話を聞きますが、美容師はとりあえず3年は続けて見てください。
そうすればきっと楽しい仕事だと思えます。
私は7年目に美容師になりました。
途中何度も挫折しそうになったこともありますが、周りの支えなどもありなんとかここまでやっていますし、カットができるようになり自分のお客様も増え出してからは美容師の仕事がやっと楽しく思えるようになりました。
美容師は美容の専門学校に通って美容師免許の国家試験に合格すれば美容師になれますが、免許があるだけではサロンでは何も通用しません。
サロンに入ったら毎日練習があります。
厳しい先輩の指導もありその途中で嫌になる方も多くいるようですが、今考えればスタイリストになってしまえばもう誰にも頼ることができないので、どんなにたいへんでも下積み時代に一生懸命練習していればそれが確実に身になるんだと思います。
美容師は見た目にも接客にも技術にもすべてにおいて気をつかわなくてはいけません。
髪の毛が切れるだけではいい美容師にはなれないのです。
私は普段とても人見知りなのですが、この仕事に就いてから少しそれが改善されました。
いろいろなお客様とお話できることが今ではとても楽しいです。
接客業というのは知らない間に自分を成長させることができます。
これからもいろいろなお客様に気にいってもらえる美容師になりたいです。