美容師になるには何が必要か

美容師になるには、とにかくやる気と本当になりたいのか、辛くてもつづけられるかという、精神力がないと美容師にはなれないと思います。
深く掘り下げていくと、まず、美容師は毎日帰りが遅いのでやる気がないと続きません。
なので、中途半端な気持ちだと出来ないのです。
かつ、精神力、根性がかなり大事です。
毎日きつい練習も続き、怒られ気持ちもだんだん下がり気味になるのはだれでも経験することです。
その下がり気味になった時に根性のあるかないかで、美容師人生は変わってきます。
そして、練習が続くことで体力面もきつくなります。
1年もすれば身体も慣れますが、それまでが苦しいのです。
その時に自己管理できるのか、それを乗り越える精神力があるかで、ここもまた続けれるかの分かれ目です。
意外と重要と思われるセンス等は後からいくらでも付いてきます。
最初からセンスだけでうまくいく人はそうそういないと美容師の時にいわれました。
実際、私もアシスタント時代は結構苦労しました。
接客等もそうです。
美容師になってお客様に入っていくらでも上手になっていきます。
なる前から焦る必要はないのです。
とにかく私が必要だと思うのは、精神力。
根性です。
これからなろうと思っている方にはよくよく考えてもらいたいです。
理容師・美容師になるにはどうしたらよいのか説明していきます。
まずは自分が理容師と美容師のどちらになりたいのか、考えましょう。
皆さんは理容師と美容師の違いがきちんとわかりますか?まずはそこから説明していきます。
理容師は、ヘアカットと顔剃りをメインで行います。
そのため、理容師免許の取得者は、圧倒的に男性が多くなっています。
一方美容師は、ヘアメイクからネイルまで、美容に関することを総合的に行います。
また、理容師が行う顔剃りを美容師が行うことは法律上許されていません。
理容師・美容師になるには、厚生労働大臣が指定する養成施設(専門学校)の課程を修了する必要があります。
ただし、誰でも入学できるわけではありません。
基本的に養成施設への入学資格は、原則として高校卒業以上です。
(まれに中卒者を受け入れる要請施設もあります。
)養成施設には、通学課程と通信課程の2通りがあります。
さらに通学課程には、昼間課程と夜間課程の2通りがあります。
ただし、要請施設の課程を修了したからといって理容師・美容師になれるわけではなく、理容師・美容師の国家資格を受験し合格する必要があります。
そうしてようやく憧れの理容師・美容師になることができるのです。