美容師を目指す

今から13年前になります。
まだ私が中学生の頃に話になりますが、当時私のクラスメートにはかなりの問題児がおりました。
と言ってもどう問題かというといわゆるヤンキーの部類になります!普段はちょっとした悪ガキ程度ですが学校内の行事がある度に派手な事をしてよく先生に怒られていた人がいました。
まあ、今考えればほんと!ただのやんちゃ坊主なんですが、当時は同じ目線にいますから少し怖いイメージすらありました。
しかし、中学も3年に入り本格的に受験の季節に入ってきた頃まだ彼はいつもと変わらない様子で悪さばかりしていました。
そして推薦や私立の試験すら終わった頃先生たちが焦って聞いたところ高校には行かないと言ったそうです。
しかし、当時の時代でもさすがに高校ぐらいは出ておかないと就職も厳しい時代でしたから先生たちも必死に説得をしなんとか受験はしたみたいです。
それから高校入試の結果が出たころ彼も受かったみたいで高校進学はしたそうです。
しかし、その後進学してから3ヶ月が経った頃風のうわさで聞きましたが、なんと美容師を目指すから高校を辞めたと聞きました。
まあ、その時はただ高校が嫌で取りあえず辞める理由に言っただけなんだろうと思っていましたが、20歳の成人式に彼も来ていました、私はあまりいい思い出がないのでなるべく語らないようにしていましたが、彼のほうから寄ってきて話をしていると全くの別人かのように紳士な青年になっていました。
中学の頃からは想像もできないほどで、さらになんと高校を辞めてから奈良に行きなんとか美容院にて住みこみで働かせてもらいなんとか生活していたそうです。
そしたなんとさらにその時にはすでに美容師になっていました。
人間本気になれば変われるんだなちと感心しました。
美容師を目指す人には相当の努力が必要だと思います。
それと覚悟とやる気と・・・とにかく普通の職業のように甘く見ない方がいいと思います。
実際、私も経験者ですが覚悟がないと続かないってことをつくづく感じました。
私が専門生の時の担任の先生は厳しく、よく就職したあとの話で脅された・・というか、ご指導頂きました。
もちろん国家試験にむけてそんな気持ちじゃ甘いとか、就職してからそんなんじゃはじきだされるよとか、先を見据えるご指導を頂いていました。
なので、私たちのクラスはそれなりの覚悟をもってみんな卒業していったのです。
そのせいか、美容師をいまだに続けている子は多くいますし、男子は将来もかかっていることもあるからか、続けている子がうちのクラスは80パーセント以上です。
学校からは、卒業して10年後にはクラスの半分は美容師を辞めていると教わったことがあります。
それくらい厳しい世界ってことです。
確かに10年後まであと1年半ですが、半分というのは当たっているかも知れません。
私自身も、技術面、精神面、肉体面では相当のストレスを感じながら6年間続けていました。
これから美容師になる方には、それ相応の覚悟とやる気を持って夢に向かって頑張ってほしいなって思います。